単粒子解析ことはじめ

提供: Eospedia
2020年7月16日 (木) 18:29時点におけるKttn (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

下準備

まずは計算機利用ことはじめを参考にして、研究室計算機に対してXフォーワードを有効にしてのsshログインができるようにしてください。

作業ディレクトリの準備

RELION3チュートリアルで使うβガラクトシダーゼの電顕画像(正確には電子直接検出器で撮影した動画)を準備します。

電顕画像を見てみる(Fiji編)

FijiとファイルエクスプローラーをXフォーワードで手元のPCに飛ばしてくる使い方と、研究室計算機で利用しているのと同じネットワークドライブを手元のPCにマウントしてファイルにアクセスする使い方と、仮想デスクトップを使って研究室計算機のデスクトップ画面ごと飛ばしてくる使い方の3つを紹介します。

Xフォーワードを使う場合

ネットワークドライブをマウントしてファイルにアクセスする場合

仮想デスクトップを使う場合

RELIONで単粒子解析

cryoSPARCで単粒子解析