3D auto-refineのSTARファイル

提供: Eospedia
2019年6月3日 (月) 16:02時点におけるKttn (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

_data.star

3D classificationのSTARファイルとほぼ一緒ですが、_rlnRandomSubset なるラベル名が追加されています。その単粒子がどちらのハーフセットに分けられたかを示す番号(1 or 2)です。

_model.star

gold-standard法によりFourier Shell Correlationが算出され、data_model_class_1データブロックに rlnGoldStandardFscというラベル名で記録されています。

run_model.star(最終イテレーション)のSNR(rlnSsnrMap)とFSCを空間周波数に対してプロットしてみます。

rln-autorefine-08.png


FSCおよびSNRがそれぞれ 0.143, 1となる高さを点線でプロットしました。(FSC = 0.143となる空間周波数と SNR = 1.0 となる空間周波数はかなり一致していますが、理論的になにか関係があるんでしょうか??)