Dockerコマンド備忘録

提供: Eospedia
2019年9月20日 (金) 13:52時点におけるKttn (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

クライオ電顕備忘録に属する記事です。

ポートのパブリッシュ

  • Dockerコンテナのポートをホストマシンのポートへマッピングする方法
$ docker run -p 127.0.0.1:<host port>:<container port> ...

-p 127.0.0.1:29300:8888 なら、ホストマシンの29300番ポートがコンテナの8888番ポートへマッピングされる。

停止したコンテナを再度走らせる

> docker ps

では見えないが、

> docker ps -a

では見えるコンテナたちは、消滅はしていないが動いてもいない、停止状態のコンテナたち。

これを再度立ち上げるには、

> docker start <コンテナ名>

とやればよろしい。

<禁術> すべてのコンテナを削除する

  • 他人のコンテナも全て抹殺されるので、共有サーバーでは絶対に発動してはならない。
$ docker rm `docker ps -aq`
  • docker ps -aで停止中のコンテナも含めコンテナをリストアップ。
  • docker ps -qはコンテナidのみ出力する。
  • docker rmは一度に複数のコンテナidを受け取って削除できるので、上記ですべてのコンテナを一度に削除できる。

<禁術>すべての稼働中のコンテナを停止する

  • 他人のコンテナも全て停止されるので、共有サーバーでは絶対に発動してはいけない。
$ docker stop `docker ps -aq`

イメージ名を変更する

  • 他人のイメージでも削除できてしまうので(ry

イメージ名変更のコマンドは無い様なので、tagで新しいタグ名をつけ、古いタグ名をrmiで消せばいいみたい。

$ docker tag <old name> <new name>
$ docker rmi <old name>