「Docker関連」の版間の差分

提供: Eospedia
移動: 案内検索
(用語の整理)
 
(同じ利用者による、間の14版が非表示)
行27: 行27:
 
|-
 
|-
 
! Docker swarm
 
! Docker swarm
|  
+
| 複数のホストマシン上のDockerをネットワークを介して相互接続する機能。
 
|-
 
|-
 
! Kubernetes (K8s)
 
! Kubernetes (K8s)
行39: 行39:
 
|}
 
|}
  
== Docker compose ==
+
== Dockerのネットワークについて ==
=== インストール ===
+
1つのホストマシン上のDocker上でのコンテナ間の通信や、複数のホストマシン上のDocker上でのコンテナ間の通信、自分の好みのDockerネットワークを組む方法などについて、公式ドキュメント( https://docs.docker.com/network/ )がある。
Linuxの場合: https://docs.docker.com/compose/install/#install-compose-on-linux-systems
+
  
 
== Docker swarm ==
 
== Docker swarm ==
=== おためし、勉強 ===
+
複数のホストマシン上のDockerをネットワークを介して相互接続する機能。SwarmでDockerのクラスタを作った暁には、overlayと呼ばれるタイプのDockerネットワークを作成し、そのネットワークへ(複数のホストで動作している)コンテナを参加させることで、ホストをまたいでのコンテナ間の通信が可能となる。他にも色々できる。
[https://qiita.com/KuwaK/items/a72706e0de49adda2c7f Docker swarm mode でDockerのオーケストレーションツール入門]
+
 
 +
https://docs.docker.com/network/ で、Networking overview ⇒ Bridge network tutorial ⇒ Overlay networking tutorial と読み進めると、機能やありがたみが分かりやすいのではないかと思う。
 +
 
 +
== Portainer ==
 +
DockerのGUI管理ツールです。https://www.portainer.io/
 +
 
 +
ウェブブラウザでアクセスして管理、確認できます。
 +
 
 +
== [[Dockerトラブルシューティング]] ==

2020年11月17日 (火) 21:27時点における最新版

Dockerを利用して研究、開発の環境を構築する方法を書いていきます。

用語の整理

なかなかに複雑なので用語を整理しておきます。間違っている部分もあるかもしれないので、適宜修正してください。

Docker用語の整理
用語 説明
Docker
Docker machine
Docker engine
Docker desktop
Docker CLI
Docker compose
Docker swarm 複数のホストマシン上のDockerをネットワークを介して相互接続する機能。
Kubernetes (K8s)
NVIDIA Docker
NVIDIA Container Toolkit

Dockerのネットワークについて

1つのホストマシン上のDocker上でのコンテナ間の通信や、複数のホストマシン上のDocker上でのコンテナ間の通信、自分の好みのDockerネットワークを組む方法などについて、公式ドキュメント( https://docs.docker.com/network/ )がある。

Docker swarm

複数のホストマシン上のDockerをネットワークを介して相互接続する機能。SwarmでDockerのクラスタを作った暁には、overlayと呼ばれるタイプのDockerネットワークを作成し、そのネットワークへ(複数のホストで動作している)コンテナを参加させることで、ホストをまたいでのコンテナ間の通信が可能となる。他にも色々できる。

https://docs.docker.com/network/ で、Networking overview ⇒ Bridge network tutorial ⇒ Overlay networking tutorial と読み進めると、機能やありがたみが分かりやすいのではないかと思う。

Portainer

DockerのGUI管理ツールです。https://www.portainer.io/

ウェブブラウザでアクセスして管理、確認できます。

Dockerトラブルシューティング