「PythonのためのVisual Studio Code設定覚書」の版間の差分

提供: Eospedia
移動: 案内検索
(特定のディレクトリにモジュールサーチパスを通す)
 
行14: 行14:
  
 
とする。
 
とする。
 +
 +
デバッグもする場合は、launch.jsonにもパスを追加する。
 +
( [[Visual Studio CodeでPythonデバッグ実行#デバッガに環境変数を渡す]] )
 +
<pre>
 +
        {
 +
            "name": "Debug scripts",
 +
            "type": "python",
 +
            "request": "launch",
 +
            "program": "${file}",
 +
            "console": "integratedTerminal",
 +
            "env": {
 +
                "PYTHONPATH": "${workspaceFolder};C:\\Users\\hoge\\Softwares\\piyo_image_handler"
 +
            }
 +
        },
 +
</pre>

2020年11月20日 (金) 14:56時点における最新版

特定のディレクトリにモジュールサーチパスを通す

  • VSCodeの設定で、ワークスペースもしくはディレクトリのタブを開く(ワークスペースの設定としたいか、ディレクトリの設定としたいかで選ぶ)。
  • setting.jsonを開く。
  • python.analysis.extraPaths と python.autoComplete.extraPaths に、所望のディレクトリを追加する。

例えばpiyo_image_handlerが自作のモジュールで、それを開発に使いたいとなったら、

    "python.analysis.extraPaths": [
        "C:\\Users\\hoge\\Softwares\\piyo_image_handler"
    ],
    "python.autoComplete.extraPaths": [
        "C:\\Users\\hoge\\Softwares\\piyo_image_handler"
    ]

とする。

デバッグもする場合は、launch.jsonにもパスを追加する。 ( Visual Studio CodeでPythonデバッグ実行#デバッガに環境変数を渡す )

        {
            "name": "Debug scripts",
            "type": "python",
            "request": "launch",
            "program": "${file}",
            "console": "integratedTerminal",
            "env": {
                "PYTHONPATH": "${workspaceFolder};C:\\Users\\hoge\\Softwares\\piyo_image_handler"
            }
        },