mrc2fld

提供: Eospedia
2013年12月10日 (火) 11:47時点におけるKinoshita (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

mrc2fldとはEosコマンドである。


オプション一覧

メインオプション

オプション 必須項目/選択項目 説明 デフォルト
-i 必須 入力ファイル: mrcImage NULL
-o 必須 出力ファイル NULL
-shiftx 選択 shiftx[A] 0.0
-shifty 選択 shifty[A] 0.0
-shiftz 選択 shiftz[A] 0.0
-I 選択 Inverse
-R 選択 円筒の半径
-M 選択 density x mag 1.0
-c 選択 コンフィグファイル設定 NULL
-m 選択 モードを設定 0
-h 選択 ヘルプを表示  

モードの詳細

モード 説明
0 Char(Byte) Image
2 Float Image
102 Double Image
ボリュームレンダリングを使用する場合はm=0でなければならない。
Contour Imageを使用する場合はm=1, 102でなければならない。

実行例