mrcFFTResampling

提供: Eospedia
2013年12月10日 (火) 11:24時点におけるKinoshita (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

mrcFFTResamplingとはEosコマンドである。


オプション一覧

メインオプション

オプション 必須項目/選択項目 説明 デフォルト
-i 必須 入力ファイル: mrcImage(FFT) NULL
-o 必須 出力ファイル: mrcImage(FFT) NULL
-nx 選択 NumberX 64.0
-ny 選択 NumberY 64.0
-c 選択 コンフィグファイル設定 NULL
-m 選択 モードを設定 0
-h 選択 ヘルプを表示  

モードの詳細

モード 説明
0


実行例

入力ファイルの画像

Input-mrcFFTResampling.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

5.8388e-05 (34, 19, 25)

269.463 (0, 0, 0)
0.184947
0.853561

0.00121937

オプション必須項目のみの場合

Outdata-mrcFFTResampling.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0 (33, 31, 0)

269.463 (0, 0, 0)
0.00876574
0.78061

0.0012197

オプション -nx, -ny

nx=32, ny=128で実行

Outdata-nxny-mrcFFTResampling.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0 (17, 63, 0)

269.463 (0, 0, 0)
0.00889613
0.750509

0.00117267