「mrcImageCrystalCreate」の版間の差分

提供: Eospedia
移動: 案内検索
(オプション一覧)
(オプション一覧)
 
行41: 行41:
 
</tr>
 
</tr>
 
<tr>
 
<tr>
<td>-a</td>
+
<td>-A</td>
 
<td>選択</td>
 
<td>選択</td>
 
<td>a-軸のベクトルを指定</td>
 
<td>a-軸のベクトルを指定</td>
行47: 行47:
 
</tr>
 
</tr>
 
<tr>
 
<tr>
<td>-b</td>
+
<td>-B</td>
 
<td>選択</td>
 
<td>選択</td>
 
<td>b-軸のベクトルを指定</td>
 
<td>b-軸のベクトルを指定</td>
行53: 行53:
 
</tr>
 
</tr>
 
<tr>
 
<tr>
<td>-c</td>
+
<td>-C</td>
 
<td>選択</td>
 
<td>選択</td>
 
<td>c-軸のベクトルを指定</td>
 
<td>c-軸のベクトルを指定</td>

2020年11月30日 (月) 18:22時点における最新版

mrcImageCrystalCreateとはEosコマンドである。

オプション一覧

オプション 必須項目/選択項目 説明 デフォルト
-i 必須 入力ファイル設定: mrcImage NULL
-o 必須 出力ファイル設定: mrcImage NULL
-nx 選択 x軸の幅を設定 1
-ny 選択 y軸の幅を設定 1
-nz 選択 z軸の幅を設定 1
-A 選択 a-軸のベクトルを指定 1 0 0 (指定しない場合は、Nx*Lx 0 0 )
-B 選択 b-軸のベクトルを指定 0 1 0 (指定しない場合は、0 Ny*Ly 0 )
-C 選択 c-軸のベクトルを指定 0 0 1 (指定しない場合は、0 0 Nz*Lz )
-start 選択 元の画像の結晶の原点の指定 0 0 0 (指定しない場合は、Sx*Lx Sy*Ly Sz*Lz )
-M 選択 補間方法の指定 0 (0:最近傍、1:線形補間、2:3次補間 )
-h 選択 ヘルプを表示  

実行例

------入力ファイルの画像------

B120-mrcImageCrystalCreate.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0

65.5929
5.45036
12.3043

0.153804

------出力ファイルの画像------

オプション-nx=2,-ny=2とする

Outdata-xy2-mrcImageCrystalCreate.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0

65.5929
5.45036
12.3043

0.0769021

オプション-nx=3,-ny=3とする

Outdata-xy3-mrcImageCrystalCreate.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0

65.5929
5.45036
12.3043

0.0512681