「mrcImageSN」の版間の差分

提供: Eospedia
移動: 案内検索
(Kinoshita がページ「MrcImageSN」を「mrcImageSN」に移動しました)
行14: 行14:
 
<td>-i</td>  
 
<td>-i</td>  
 
<td>必須</td>  
 
<td>必須</td>  
<td>入力ファイル設定</td>  
+
<td>入力ファイル設定: [[ASCII]](ファイルリスト)</td>  
 
<td>NULL</td>  
 
<td>NULL</td>  
 
</tr>  
 
</tr>  

2014年7月30日 (水) 14:23時点における版

mrcImageSNとは複数画像間の統計(平均、分散、標準偏差等)を行うEosコマンドである。


オプション一覧

メインオプション

オプション 必須項目/選択項目 説明 デフォルト
-i 必須 入力ファイル設定: ASCII(ファイルリスト) NULL
-A 選択 出力: 平均値 NULL
-SN 選択 出力: SN:=Average/SD NULL
-t 選択 出力: t=:Average/SD/sqrt(n-2) NULL
-SE 選択 出力: 標準誤差 NULL
-SD 選択 出力: 標準偏差 NULL
-Var 選択 出力: 分散 NULL
-c 選択 コンフィグファイル設定 NULL
-m 選択 モードを設定 0
-h 選択 ヘルプを表示  

モードの詳細

モード 説明
0


実行例

入力ファイルのデータ

/EOS/img/Input0.mrc
/EOS/img/Input1.mrc
/EOS/img/Input2.mrc
/EOS/img/Input3.mrc

Input0の画像
Input0-mrcImageSN.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0 (0, 0, 0)

255 (30, 25, 0)
21.8076
47.9133

0.748645

Input1の画像
Input1-mrcImageSN.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0 (0, 0, 0)

255 (30, 26, 0)
20.6895
47.2143

0.737723

Input2の画像
Input2-mrcImageSN.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0 (0, 0, 0)

255 (27, 32, 0)
19.0078
47.768

0.746374

Input3の画像
Input3-mrcImageSN.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0 (0, 0, 0)

255 (28, 33, 0)
18.3279
45.0774

0.704334

オプション -A

Outdata-A-mrcImageSN.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0 (0, 0, 0)

63 (28, 27, 0)
7.16431
14.6575

0.229023

オプション -SN

Outdata-SN-mrcImageSN.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0 (0, 0, 0)

6 (30, 19, 0)
0.017334
0.211815

0.00330961

オプション -t

Outdata-t-mrcImageSN.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0 (0, 0, 0)

9 (30, 19, 0)
0.0422363
0.364332

0.00569268

オプション -SE

Outdata-SE-mrcImageSN.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0 (0, 0, 0)

4 (22, 26, 0)
0.095459
0.461844

0.00721631

オプション -SD

Outdata-SD-mrcImageSN.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0 (0, 0, 0)

9 (21, 33, 0)
0.227295
1.02333

0.0159896

オプション -Var

Outdata-Var-mrcImageSN.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0 (0, 0, 0)

255 (42, 16, 0)
34.4478
69.0678

1.07918