mrcImageSN

提供: Eospedia
2013年10月25日 (金) 11:17時点におけるKinoshita (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

mrcImageSNとは複数画像間の統計(平均、分散、標準偏差等)を行うEosコマンドである。


オプション一覧

メインオプション

オプション 必須項目/選択項目 説明 デフォルト
-i 必須 入力ファイル設定 NULL
-A 選択 出力: 平均値 NULL
-SN 選択 Output: SN:=Average/SD NULL
-t 選択 Output: t=:Average/SD/sqrt(n-2) NULL
-SE 選択 出力: 標準誤差 NULL
-SD 選択 出力: 標準偏差 NULL
-Var 選択 出力: 分散 NULL
-c 選択 コンフィグファイル設定 NULL
-m 選択 モードを設定 0
-h 選択 ヘルプを表示  

モードの詳細

モード 説明
0


実行例