mrcImageShapePCA

提供: Eospedia
2014年7月31日 (木) 10:49時点におけるKinoshita (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

mrcImageShapePCAとはmrcImageファイルの3次元画像の外形の向きを決めるためのEosコマンドである。

アルゴリズム

 主成分分析を用いて、3次元物体の外形を決定することが出来ます。

オプション一覧

メインオプション

オプション 必須項目/選択項目 説明 デフォルト
-i 必須 入力ファイル: mrcImage NULL
-o 選択 出力ファイル: ASCII stdout(設定しなければ標準出力)
-C 選択 可変入力: C1 C2... Ci: それぞれの場所にi個の点を置く 0.0 ...
-c 選択 コンフィグファイル設定 NULL
-m 選択 モードを設定 0
-h 選択 ヘルプを表示  

モードの詳細

モード 説明
0


実行例

入力ファイルの画像

Input-mrcImageShapePCA.png
xy平面

Input1-mrcImageShapePCA.png
yz平面

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0 (0, 0, 0)

5 (35, 42, 36)
0.00451895
0.0913615

0.000155997


オプション -C

C=0で実行

# PCA ResultsConvariace Matrix: 2 3 3 
   14505.161133      198.588654     2422.490479 
     198.588654    14068.363281     -839.463379 
    2422.490479     -839.463379    13960.040039 
UnitVector: one unit vector per line, from 1st 2 3 3 
       0.719602       -0.159090        0.675917 
       0.313963        0.942763       -0.112358 
      -0.619354        0.293066        0.728363 
Lambda: 1st 2nd 3rd1 3 
   16736.683594    14234.544922    11562.336914 
Average: 1 3 
      37.617535       45.253372       38.918110 


C=(0, 1, 2, 3, 4)で実行

# PCA ResultsConvariace Matrix: 2 3 3 
   20669.468750      417.175446     3364.196045 
     417.175446    20182.199219    -1254.394897 
    3364.196045    -1254.394897    20143.558594 
UnitVector: one unit vector per line, from 1st 2 3 3 
       0.706418       -0.155129        0.690586 
       0.333752        0.933412       -0.131727 
      -0.624166        0.323539        0.711153 
Lambda: 1st 2nd 3rd1 3 
   23866.658203    20508.390625    16620.177734 
Average: 1 3 
      37.495483       45.239353       38.885162