mrcImageTTest

提供: Eospedia
2014年3月7日 (金) 10:45時点におけるKinoshita (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

mrcImageTTestとは画像間のt-testを行うEosコマンドである。


オプション一覧

メインオプション

オプション 必須項目/選択項目 説明 デフォルト
-i 選択 入力ファイルリスト: ASCII NULL
-I 選択 入力: (mrcImage(平均), mrcImage(分散), 画像数) (NULL, NULL, 0)
-Nor 選択 入力: 正規化処理: A + B*x: (A, B) (0.0, 1.0)
-r 選択 参照ファイルリスト: ASCII NULL
-R 選択 参照: (mrcImage(平均), mrcImage(分散), 画像数) (NULL, NULL, 0)
-NorR 選択 参照: 正規化処理: A + B*x: (A, B) (0.0, 1.0)
-o 選択 出力: Probability NULL
-t 選択 出力: t-value NULL
-c 選択 コンフィグファイル設定 NULL
-m 選択 モードを設定 0
-h 選択 ヘルプを表示  
入力ファイルとして-i, -I、参照ファイルとして-r, -Rのどちらかが必要
-I, -R で使用する平均、分散ファイルはmrcImageSNにて作成することができる。


モードの詳細

モード 説明
0


-i, -r のフォーマット

ファイル1
ファイル2
.
.


実行例

-i のデータ

Input-1VOM-N-2D.mrc
Input-1VOM-N-Rot-2D.mrc
Input-1VOM-N-Rot1-2D.mrc

Input-1VOM-N-2D.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

-18651.7 (10, 1, 0)

52942.7 (24, 39, 0)
7214.87
10067.6

125.845

Input-1VOM-N-Rot-2D.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

-11367.8 (51, 62, 0)

51939.8 (29, 26, 0)
6580.18
9247.8

115.597

Input-1VOM-N-Rot1-2D.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

-14918 (53, 17, 0)

58621.8 (30, 26, 0)
6579.96
9022.72

112.784


-I のデータ

I=(Input-1VOM-N-2D-A.mrc, Input-1VOM-N-2D-Var.mrc, 3)を入力とする
Input-1VOM-N-2D-A.mrcの画像(-i のファイルの平均)
Input-1VOM-N-2D-A.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

-7385.85 (61, 29, 0)

41209.8 (29, 26, 0)
6791.67
8335.26

104.191

Input-1VOM-N-2D-Var.mrcの画像(-i のファイルの分散)
Input-1VOM-N-2D-Var.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

62.2022 (11, 5, 0)

5.06054e+08 (45, 28, 0)
3.00629e+07
4.18721e+07

523402


-r のデータ

Input-1VOM-2D.mrc
Input-1VOM-Rot-2D.mrc
Input-1VOM-Rot1-2D.mrc

Input-1VOM-2D.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0 (0, 0, 0)

49749.7 (27, 28, 0)
7212.9
8827.15

110.339

Input-1VOM-Rot-2D.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

-609.552 (68, 18, 0)

43476 (45, 47, 0)
6507.15
7376.01

92.2001

Input-1VOM-Rot1-2D.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

-2.31309e-06 (29, 7, 0)

49749.2 (52, 51, 0)
6572.32
8769.91

109.624


-R のデータ

I=(Input-1VOM-2D-A.mrc, Input-1VOM-2D-Var.mrc, 3)を入力とする
Input-1VOM-2D-A.mrcの画像(-r のファイルの平均)
Input-1VOM-2D-A.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

-145.807 (2, 45, 0)

31890.8 (45, 47, 0)
6764.13
6642.45

83.0307

Input-1VOM-2D-Var.mrcの画像(-r のファイルの分散)
Input-1VOM-2D-Var.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0 (0, 0, 0)

7.26565e+08 (27, 28, 0)
3.85865e+07
5.61164e+07

701454


オプション必須項目のみの場合

-i, -rで実行

-o の画像
Outdata-mrcImageTTest.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

-99.9368 (45, 3, 0)

99.9301 (76, 50, 0)
-1.29958
58.3662

0.729578


-t の画像
Outdata1-mrcImageTTest.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

-13.383 (30, 3, 0)

30.6481 (76, 50, 0)
-0.00954761
1.39399

0.0174249


-I, -Rで実行

-i, -rと同じ画像が得られる


-o の画像
Outdata2-mrcImageTTest.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

-99.9368 (45, 3, 0)

99.9301 (76, 50, 0)
-1.29958
58.3662

0.729578


-t の画像
Outdata3-mrcImageTTest.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

-13.383 (30, 3, 0)

30.6481 (76, 50, 0)
-0.00954761
1.39399

0.0174249


以降は-I, -Rにて実行

オプション -Nor

Nor=(0, 0.4)で実行

-o の画像
Outdata-Nor-mrcImageTTest.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

-99.9762 (46, 37, 0)

99.9871 (76, 50, 0)
-42.9433
49.5383

0.619228


-t の画像
Outdata1-Nor-mrcImageTTest.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

-13.9446 (39, 40, 0)

27.7973 (76, 50, 0)
-1.06447
1.61062

0.0201327


オプション -NorR

NorR=(0, 0.4)で実行

-o の画像
Outdata-NorR-mrcImageTTest.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

-99.819 (45, 3, 0)

99.9888 (30, 32, 0)
32.2003
59.6772

0.745965


-t の画像
Outdata1-NorR-mrcImageTTest.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

-13.383 (30, 3, 0)

31.1071 (76, 50, 0)
1.00935
1.92418

0.0240522