mrcMeanYlinePos

提供: Eospedia
2014年8月6日 (水) 08:56時点におけるKinoshita (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

mrcMeanYlinePosとはmrcImage(2D)の各y座標における線データの平均を出力するEosコマンドである。


オプション一覧

メインオプション

オプション 必須項目/選択項目 説明 デフォルト
-i 必須 入力ファイル: mrcImage(2D) NULL
-o 選択 出力ファイル: ASCII stdout
-w 選択 線データの幅 -1(設定しなければ入力ファイルサイズと同じ)
-c 選択 コンフィグファイル設定 NULL
-m 選択 モードを設定 0
-h 選択 ヘルプを表示  


モードの詳細

モード 説明
0


実行例

入力ファイルの画像

Input-B120.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0 (0, 0, 0)

255 (49, 32, 0)
21.0538
47.6709

0.595886


オプション必須項目のみの場合

x,yMeanPosition
0,-1
1,-1
2,-1
3,-1
4,-1
5,-1

-中略-

14,-1
15,55.258411
16,55.220432
17,55.038315
18,52.620087

-中略-

62,37.692554
63,38.320499
64,37.841465
65,37.440945
66,-1

-中略-

75,-1
76,-1
77,-1
78,-1
79,-1


オプション -w

w=20で実行

x,yMeanPosition
0,-1
1,-1
2,-1
3,-1
4,-1

-中略-

16,-1
17,37.017242
18,38.204483
19,38.633095
20,38.630150

-中略-

62,38.443302
63,38.300156
64,37.764706
65,37.426899
66,-1

-中略-

75,-1
76,-1
77,-1
78,-1
79,-1