プログラム

プログラム

当日配布予定の資料をアップデートしました。レイトポスターの方のポスター番号、企業展示のブース位置などが記載されています。

案内プログラム原稿当日配布

レイトポスターアブストラクト

予稿集に印刷予定のプログラムをアップロードしました。ポスター番号等の確認にご利用下さい。

MICRO-2014-Program

アブストラクト集の目次(MICRO-2014-Table of Contents-Rev)

会場

  • A会場:百年講堂・中ホール1・2
    • 基調講演、セッションIII, IV
  • B会場:百年講堂・大ホール
    • セッションV, IV
  • C会場:百年講堂・中ホール3
    • ポスター展示、企業展示
  • D会場:百年講堂・会議室1
    • サテライトミーティング
  • E会場:百年講堂・会議室2
    • 本部
  • F会場:百年講堂・会議室3
    • 各種会議

スケジュール

1日目 11月16日(日)

I.基調講演:13:00〜15:00(A会場)

13:05 – 13:45 基調講演1 座長 金子 賢治  (九州大学・工学研究院)
“Recent Progress in Electrostatic Potential and Magnetic Field Mapping in the Transmission Electron Microscope”
Rafal E. Dunin-Borkowski (Peter Gruenberg Institute Research Centre, Germany)

13:45 – 14:25 基調講演2 座長 西田 稔(九州大学・総合理工学研究院)

「科学の始まりは”よくみること”」
飯島澄男(名城大学・理工学部)

14:25 – 15:05 基調講演3 座長 安永 卓生 (九州工業大学・情報工学研究院)

「1分子イメージングを計算機でマクロにつなぐ」
柳田 敏雄(大阪大学・生命機能研究科)

II.ポスター展示:15:30〜17:00(C会場)

企業展示と同じ会場で、実施する予定です。

懇親会:18:00〜20:00

ホテルセントラーザ博多(博多駅・筑紫口まで移動)
http://www.centraza.com/

2日目 11月17日(月)

A会場

III. 「3次元電子顕微鏡法がみせるナノとマクロの架け橋(材料系)」: 9:00〜12:00

9:00-9:10 陣内浩司 (九州大・先導物質化学研)
「ナノとマクロを繋ぐトモグラム法(仮題)」

9:10-9:40 戸田裕之 (九州大・工学研究院)
「X線トモグラフィー」

9:40-10:10 足立吉隆 (鹿児島大・工学部)
「光顕トモグラフィー」

10:10-10:30 (休憩)

10:30-11:00 原徹 (物質材料研究機構) 「FIB-SEMトモグラフィー」

11:00-11:30 山崎順 (大阪大・超高圧電子顕微鏡センター)
「TEMトモグラフィー」

11:30-12:00 大久保 忠勝(物質材料研究機構)
「アトムプローブトモグラフィー」

IV.「3次元電子顕微鏡法がみせるナノとマクロの架け橋(生物系)」: 14:00〜17:00

座長:宮澤淳夫(兵庫県立大学・理学部)

14:00-14:05 はじめに

14:05-14:35 根本知己 (北海道大・電子科学研究所)
「多光子顕微鏡を用いたマウス生体脳のin vivo深部観察」

14:35-15:05 伊藤啓  (東京大・分子細胞生物学研究所)
「細胞系譜に基づく神経標識法を用いた全脳コネクトミクスネットワーク解析」

15:05-15:35 薗村貴弘 (金沢医科大・医学部)
「免疫染色下での共焦点レーザー顕微鏡とFIB-SEMを用いた相関観察の試み」

15:35-15:50 (休憩)

15:50-16:20 峰雪芳宣 (兵庫県立大・理学部)
「電子線トモグラフィーとマイクロCTを用いた植物の3D解析」

16:20-16:50 佐藤主税 (産総研)
「単粒子解析によるタンパク質3次元構造の可視化」

16:50-17:00 総合討論

B会場

V.「ナノからマクロをつなぐ最先端プローブ顕微鏡
~グリーンエレクトロニクスへの展開~」: 9:00〜12:00

分科会: 走査型プローブ顕微鏡分科会

座長:富取正彦   (北陸先端科学技術大学院大学)

9:00〜9:25 斎木 敏治  (慶応義塾大・理工学部)
「相変化マスクを用いた近赤外顕微イメージング分光法」

9:25~9:50 一井 崇  (京都大・大学院工学研究科)
「イオン液体中の高分解能原子間力顕微鏡観察」

9:50~10:15 菅原 康弘     (大阪大・大学院工学研究科)
「SPMによる原子レベル表面磁性計測の最先端」

10:15~10:30(休憩)

座長:藤田大介(物質・材料研究機構)

10:30~10:55 富取 正彦   (北陸先端科学技術大学院大学)    「針が繋ぐナノとマクロの顕微鏡技術 -FIM/SPM/SEM-」

10:55~11:20  石田 暢之  (物質・材料研究機構)
「光照射場SPMによる次世代太陽電池のナノ-マクロ発電機能解析」

11:20~11:45  井藤 浩志 (産業技術総合研究所)
「半導体ナノデバイスのリアルSPM計測」

VI.「見えないものをどう視るか?
:ナノとマクロを繋ぐ先端イメージング技術」: 14:00〜17:00

研究部会名:様々な極微イメージング技術研究部会

座長:波多 聰(九州大学 大学院総合理工学研究院)

14:00-14:05 趣旨説明(座長)

14:05-14:35  林 好一(東北大学 金属材料研究所)        「原子分解能X線ホログラフィー」

14:35-15:05  鈴木基寛(高輝度光科学研究センター 利用研究促進部門)
「放射光による磁気イメージングと局所磁気解析」

(休憩)

座長:山崎 順(大阪大学 超高圧電子顕微鏡センター)

15:20-15:50  齋藤 彰(大阪大学 大学院工学研究科)        「放射光STM」

15:50-16:1020  工藤博幸(筑波大学 システム情報系)        「最先端3次元画像再構成」

16:1020-16:4050  川田善正(静岡大学 工学部機械工学科)        「電子線励起微小光源による光ナノイメージング」

16:4050-17:00  自由討論

VII. ポスター展示:13:00〜14:00(C会場)

企業展示と同じ会場で、実施する予定です。

一般演題

ポスターの展示を、C会場(中ホール3)にて、2日間行います。
展示期間:11月16日(日)〜11月17日(月)
討論時間:

11月16日(日)15:30〜17:00
11月17日(月)13:00〜14:00

を予定しています。

企業展示

ポスター展示と同じC会場(中ホール3)にて、2日間展示を行います。

サテライトミーティング:11月15日(土)

SEM連続断面画像のセグメンテーション

日本顕微鏡学会「SEM連続断面観察による生物組織三次元再構築法研究部会」WorkShop

14:10-15:30: Amiraによる前処理とセグメンテーション 実習 80 min (上村: MaxNet)
(休憩)
15:50-17:00:  FIJIによる前処理とセグメンテーション入門 70 min

各種委員会(F会場)

11/15(土)
・常務理事会 12:30-14:00(弁当有)
・財務委員会 14:00-14:50
・理事会 15:00-18:30

11/16(日)
・学術運営合同会議 10:30-12:30(弁当有)
・将来構想委員会 15:30-17:00

11/17(月)
・Microscopy編集委員会 12:00-13:00(弁当有)

The 58th Symposium of The Japanese Society of Microscopy in Fukuoka