「インストール方法」の版間の差分

提供: Eospedia
移動: 案内検索
(Eosのインストール)
 
(3人の利用者による、間の23版が非表示)
行1: 行1:
 
 ここでは、Eosのインストール方法を説明します。
 
 ここでは、Eosのインストール方法を説明します。
  
 +
 +
== Eosのインストール ==
 +
 Eos([[ダウンロード|Eosのダウンロード]])において、installツールを使った場合には多くの場合、そのまま動作させることが出来ます。
 +
[[ダウンロード|Eosのダウンロード]]を参考にしてください。もしも動作しない場合には、下記のコンパイル手順に従うと多くの場合、
 +
動作できる環境にすることが出来ます。
  
 
== Eosの環境設定 ==
 
== Eosの環境設定 ==
行9: 行14:
  
 
git等を使ってダウンロードした場合には、Eos/base/env/のディレクトリに例があります。<br>
 
git等を使ってダウンロードした場合には、Eos/base/env/のディレクトリに例があります。<br>
この場合、Eosは$HOMEに置かれている設定になっています。
+
この場合、Eos/base/は$HOMEに置かれている設定になっています。
  
 
下記により、環境を設定します。
 
下記により、環境を設定します。
行38: 行43:
 
  $ echo $EOS_HOME
 
  $ echo $EOS_HOME
 
   
 
   
の出力が
+
の出力が
 
   
 
   
 
  /..A../
 
  /..A../
 
   
 
   
と同じ
+
と同じ
  
 
  $ echo $EOS_HOST
 
  $ echo $EOS_HOST
  
の出力が
+
の出力が
 
   
 
   
 
  ..B..
 
  ..B..
 
   
 
   
を全て大文字にしたものと同じ
+
を全て大文字にしたものと同じ
  
 
であれば基本的な設定は成功しています。
 
であれば基本的な設定は成功しています。
 
  
 
== Eosのビルド ==
 
== Eosのビルド ==
 ダウンロードしたものはそのまま動作する事が期待されています。ただし、各環境に応じたバイナリをダウンロードする必要があります。
+
 ダウンロードしたものはそのまま動作する事が期待されています。ただし、各環境に応じたバイナリをダウンロードする必要がある場合があります。
 
+
また、バージョンや環境によって動作しない場合があります。
 しかし、バージョンや環境によって動作しない場合があります。
+
 
ダウンロードしたものがそのまま動かない場合には、次の方法でコンパイル・リンクし、リビルドすることができます。
 
ダウンロードしたものがそのまま動かない場合には、次の方法でコンパイル・リンクし、リビルドすることができます。
  
行66: 行69:
  
 
==== OS-Xの場合 ====
 
==== OS-Xの場合 ====
 
+
 [[EosOnMac]]を参照してください。
#Xcodeの最新バージョンをインストールして下さい。
+
#(OS10.8以降)Additional Downloadsとして、Command Line Toolsをインストールして下さい。
+
XCodeのインストールだけでは、コマンドラインでの実行が出来ません。
+
$ gcc --version
+
で、gccのバージョンが表記されることを確認して下さい。
+
#X11の実行環境をインストールして下さい。
+
 OS10.8以降は、XQuartzのインストールが必要です。
+
 それ以前は、XCodeをインストールだけで十分です。
+
  
 
==== Linuxの場合 ====
 
==== Linuxの場合 ====
 Linuxの場合には、比較的そのまま実行することができます。
+
 Linuxの場合には、比較的そのまま実行することができます。[[EosOnLInux]]を参照してください。
 
ただし、最近は開発環境が不十分である場合もあります。今後、問題が発覚するたびに整理したいと思います。
 
ただし、最近は開発環境が不十分である場合もあります。今後、問題が発覚するたびに整理したいと思います。
 
*iccに関する注意
 
 gccもしくは、iccによってコンパイルすることが出来ます。iccの環境が無い場合や、INTEL互換のCPUである場合などに動かない可能性があるために、gccによるものをデフォールトして、FLAG_ICCという環境変数によって、使用環境を切り替えます。提供しているEos_envでは、iccがインストールされているホストとそうでないホストで自動的に切り替えるようにしています。iccがインストールしていないホストでも、iccでコンパイルしたバイナリが利用したい場合には、FLAG_ICC="icc"として下さい。そうでない場合は、FLAG_ICC=""として下さい。
 
 
*PHIを利用したい場合
 
 
*GPGPUを使用したい場合
 
**NVIDIA(CUDA)を利用する場合
 
  
 
==== Windowsの場合 ====
 
==== Windowsの場合 ====
行106: 行93:
 
=== Eosに必要な各種ライブラリのコンパイル ===
 
=== Eosに必要な各種ライブラリのコンパイル ===
  
まず、Eosで利用する各種のライブラリをコンパイルします。
+
 まず、Eosで利用する各種のライブラリをコンパイルします。
 
下記のうち、XXXXはそれぞれのホストのOS等の種類を示しています。
 
下記のうち、XXXXはそれぞれのホストのOS等の種類を示しています。
  
行122: 行109:
  
 
としてコンパイルします。
 
としてコンパイルします。
 
  
 
=== EosのObjectsのインストール ===
 
=== EosのObjectsのインストール ===
 
つぎに、Eos-Objects(ライブラリ)をインストールします。
 
つぎに、Eos-Objects(ライブラリ)をインストールします。
  
==== Objects全体のイストール方法 ====
+
==== Objects全体のインストール方法 ====
 +
Objects全体をインストールするには、次の手順で実施します。
  
 
  $ cd $(EOS_HOME)/util/Objects
 
  $ cd $(EOS_HOME)/util/Objects
行136: 行123:
 
  $ make install
 
  $ make install
  
==== 個別のObjectのインストール方 ====
+
==== 個別のObjectsのインストール方法 ====
 
個別のObjectsをインストールする場合には、下記のように実行します。ここでは、mrcImageの例を示します。
 
個別のObjectsをインストールする場合には、下記のように実行します。ここでは、mrcImageの例を示します。
  

2015年11月2日 (月) 06:52時点における最新版

 ここでは、Eosのインストール方法を説明します。


Eosのインストール

 Eos(Eosのダウンロード)において、installツールを使った場合には多くの場合、そのまま動作させることが出来ます。 Eosのダウンロードを参考にしてください。もしも動作しない場合には、下記のコンパイル手順に従うと多くの場合、 動作できる環境にすることが出来ます。

Eosの環境設定

 ダウンロードしたEos(Eosのダウンロード)をおいておく場所等を記述した環境設定ファイルを準備します。
環境設定ファイル内でEOS_HOMEがEos/base/のディレクトリに設定されていることを確認してください。

例:Eos_env

git等を使ってダウンロードした場合には、Eos/base/env/のディレクトリに例があります。
この場合、Eos/base/は$HOMEに置かれている設定になっています。

下記により、環境を設定します。

$ source Eos_env

もしくは、シェルの立ち上げ時に自動的に環境が設定されるよう スクリプト(例えば、.bashrcなど)に加えておきます。

in .bashrc

if [ -f $HOME/.Eos_env ] ; then
    source $HOME/.Eos_env
fi

その後、下記のコマンドが動くかを確認して下さい。

$ mrcInfo -h
Usage: /..A../Eos/bin/..B../mrcInfo
Options:
    [-i[nput]            In                  (NULL      )] :Essential :InputDataFile
    [-o[utput]           Out                 (stdout    )] :Optional  :OutputDataFile
    [-c[onfig]           configFile          (NULL      )] :Optional  :ConfigurationFile
    [-m[ode]             mode                (0         )] :Optional  :Mode

このとき、

$ echo $EOS_HOME

の出力が

/..A../

と同じ

$ echo $EOS_HOST

の出力が

..B..

を全て大文字にしたものと同じ

であれば基本的な設定は成功しています。

Eosのビルド

 ダウンロードしたものはそのまま動作する事が期待されています。ただし、各環境に応じたバイナリをダウンロードする必要がある場合があります。 また、バージョンや環境によって動作しない場合があります。 ダウンロードしたものがそのまま動かない場合には、次の方法でコンパイル・リンクし、リビルドすることができます。

各ホストの開発環境の設定

 各ホストで開発環境を準備します。

OS-Xの場合

 EosOnMacを参照してください。

Linuxの場合

 Linuxの場合には、比較的そのまま実行することができます。EosOnLInuxを参照してください。 ただし、最近は開発環境が不十分である場合もあります。今後、問題が発覚するたびに整理したいと思います。

Windowsの場合

 環境の設定としては、Cygwinを用いた環境設定をする方法とUbuntuなどのLinuxの環境を仮想マシンで動かす方法のいずれかがあります。

その他の環境の場合

   過去においては、いくつかのUNIX環境で動くことは確かめていますが、最近、そうした環境を手元に持たないために、きちんとした確認が出来ていません。特別な環境を利用している訳ではありませんので、コンパイル・リンクは通常のUNIXであれば可能であると思います。高速化のためにチューンアップしたコマンドは、全ての機能が利用できなくなる可能性があります。

簡単なリビルドの方法

もっとも簡単なリビルドの方法は、

$ cd $EOS_HOME
$ make setting
$ make rebuild

です。これでうまくいかない場合は、下記の詳細な設定を実行していきます。

Eosに必要な各種ライブラリのコンパイル

 まず、Eosで利用する各種のライブラリをコンパイルします。 下記のうち、XXXXはそれぞれのホストのOS等の種類を示しています。

$ cd $(EOS_HOME)/util/srcXXXX

或いは、更にそのサブディレクトリのみとして、Graphics, TclTk, MATHなどのディレクトリにて

$ cd $(EOS_HOME)/util/srcXXXX/Graphics
     or 
$ cd $(EOS_HOME)/util/srcXXXX/MATH
     or
$ cd $(EOS_HOME)/util/srcXXXX/TclTk
$ make check
$ make config
$ make all

としてコンパイルします。

EosのObjectsのインストール

つぎに、Eos-Objects(ライブラリ)をインストールします。

Objects全体のインストール方法

Objects全体をインストールするには、次の手順で実施します。

$ cd $(EOS_HOME)/util/Objects
$ make check
$ make depend
$ make clean
$ make 
$ make install

個別のObjectsのインストール方法

個別のObjectsをインストールする場合には、下記のように実行します。ここでは、mrcImageの例を示します。

$ cd $(EOS_HOME)/util/Objects/DataManip/mrcImage 
$ make check
$ make depend
$ make clean
$ make 
$ make install

Toolsのインストール

つぎに、Eos-Toolsをインストールします。

Tools全体のインストール

Tools全体をインストールするには、次の手順で実施します。

$ cd $(EOS_HOME)/util/Tools
$ make check
$ make depend
$ make clean
$ make 
$ make install

個別のToolのインストール

 個別のツールをインストールするには、次の手順で進めます。ここでは、Display2の場合の例を示します。

$ cd $(EOS_HOME)/util/Tools/Integration/Display2/src
$ make check
$ make depend
$ make clean
$ make 
$ make install

make cleanの実行はなくても大丈夫ですが、念のためかならず新しい実行形式にするために実行します。