mrcImageBinalization

提供: Eospedia
移動: 案内検索

mrcImageBinalizationとは画像の2値化(閾値指定、大津の方法などの自動閾値指定を含む)を行うEosコマンドである。


オプション一覧

メインオプション

オプション 必須項目/選択項目 説明 デフォルト
-i 必須 入力ファイル: mrcImage NULL
-o 必須 出力ファイル: mrcImage NULL
-O 選択 閾値等のパラメータの出力:出力ファイル: ASCII stdout
-t 選択 閾値 0
-v 選択 value 0
-near 選択 Near[pixel]: Near-area also binary 0
-nLevel 選択 nLevel: For creating histgram by Kittler and Ohtsu 256
-p 選択 p 0.5
-c 選択 コンフィグファイル設定 NULL
-m 選択 モードを設定 0
-h 選択 ヘルプを表示  

モードの詳細

モード 説明
0 閾値未満は0、閾値以上は1に設定
1 閾値超は0、閾値以下は1に設定
2 閾値未満はvalueに設定し、閾値以上は変更しない
3 閾値超はvalueに設定し、閾値以下は変更しない
16 自動閾値指定 by Kittler Method
32 自動閾値指定 by Ohtsu Method
48 自動閾値指定 by p-tile Method
p range: 0.0 - 1.0
64 自動閾値指定 by Differential-Histogram Method
80 自動閾値指定 by Laplacian-Histogram Method


実行例

入力ファイルの画像

Input-mrcImageBinalization.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0

255
21.0538
47.6709

0.595886

オプション必須項目のみの場合

Outdata-mrcImageBinalization.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

1

1
1
0

0

オプション -t

t=20で実行

Outdata-t20-mrcImageBinalization.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0

1
0.200313
0.400234

0.00500293

オプション -near

near=5, t=20で実行

Outdata-near5t20-mrcImageBinalization.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0

1
0.333125
0.471331

0.00589164

オプション -m

m=1, t=20で実行

Outdata-m1t20-mrcImageBinalization.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0

1
0.800937
0.399295

0.00499119

m=2, t=50で実行

Outdata-m2t50-mrcImageBinalization.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0

255
19.1695
47.8459

0.598074

m=2, t=50, v=255 で実行

Outdata-m2t50v255-mrcImageBinalization.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

50

255
234.047
51.6961

0.646201

m=3, t=50で実行

Outdata-m3t50-mrcImageBinalization.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0

50
1.97797
7.73614

0.0967017

m=3, t=50, v=255 で実行

Outdata-m3t50v255-mrcImageBinalization.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0

255
41.6225
91.8732

1.14841

m=16で実行

Outdata-m16-mrcImageBinalization.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0

1
0.256719
0.436823

0.00546029

m=32で実行

Outdata-m32-mrcImageBinalization.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0

1
0.135937
0.342722

0.00428403

m=48で実行

Outdata-m48-mrcImageBinalization.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

1

1
1
0

0

m=48, p=0.1で実行

Outdata-m48p0.1-mrcImageBinalization.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0

1
0.100781
0.301039

0.00376299

m=64で実行

Outdata-m64-mrcImageBinalization.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0

1
0.0646875
0.245974

0.00307467

m=80で実行

Outdata-m80-mrcImageBinalization.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0

1
0.140937
0.347957

0.00434946