mrcImageClosing

提供: Eospedia
移動: 案内検索

mrcImageClosingとは構造要素による膨張→縮退を行うEosコマンドである。膨張することで穴が埋まり、収縮することで元の体積に戻ります。構造内の穴をとりたい場合に用います。


オプション一覧

メインオプション

オプション 必須項目/選択項目 説明 デフォルト
-i 必須 入力ファイル: mrcImage NULL
-o 必須 出力ファイル: mrcImage NULL
-t 選択 Times: erosion*times -> dilation*times 1
-oSE 選択 出力ファイル: mrcImage(構造要素) NULL
-SE 選択 構造要素 0
-r 選択 半径 2
-n 選択 サイズ 5
-c 選択 コンフィグファイル設定 NULL
-m 選択 モードを設定 0
-h 選択 ヘルプを表示  

モード詳細 -SE

モード 説明
0 2D Cross3x3: 4-neighbour
1 2D Square3x3: 8-neighbour
2 2D Open Disk , need (radius, n)
3 3D Cross3x3x3: 6-neighbour
4 3D Cubic3x3x3: 26-neighbour
5 3D sphere , need (radius, n)
6 2D rectangle, need (nx, ny)
7 3D cuboid, need (nx, ny, nz)
8 3D Cylindar, need (r, nx, ny, nz)

実行例

入力ファイルの画像

Input-mrcImageClosing.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0 (0, 0, 0)

255 (49, 32, 0)
21.0538
47.6709

0.595886

オプション必須項目のみの場合

-o の画像

Outdata-mrcImageClosing.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0 (0, 0, 0)

255 (49, 32, 0)
21.4159
48.365

0.604562

-oSE の画像

Outdata2-mrcImageClosing.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0 (0, 0, 0)

1 (1, 0, 0)
0.555556
0.496904

0.165635

オプション -SE

SE=5で実行

-o の画像
Outdata-SE-mrcImageClosing.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0 (0, 0, 0)

255 (49, 32, 0)
22.0378
49.5565

0.619456

-oSE の画像
Outdata2-SE-mrcImageClosing.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0 (0, 0, 0)

1 (2, 0, 0)
0.52
0.4996

0.09992

オプション -r

r=10, SE=5で実行

-o の画像
Outdata-r-mrcImageClosing.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0 (0, 0, 0)

255 (49, 32, 0)
22.4658
50.6027

0.632534

-oSE の画像
Outdata2-r-mrcImageClosing.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

1 (0, 0, 0)

1 (0, 0, 0)
1
0

0

オプション -n

n=33, r=10, SE=5で実行

-o の画像
Outdata-n-mrcImageClosing.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0 (0, 0, 0)

255 (49, 32, 0)
24.8177
54.6633

0.683291

-oSE の画像
Outdata2-n-mrcImageClosing.png

最小

最大
平均値
標準偏差

標準誤差

0 (0, 0, 0)

1 (16, 6, 0)
0.291093
0.454266

0.0137656